■朽木・河原のキャンプ場
 滋賀県高島郡朽木村( R367沿い)安曇川沿い


●正式なキャンプ場名は、どうやらないようです。私は「朽木・河原のキャンプ場」と、いつも言ってますが、なぜなら「朽木オートキャンプ場」という所が別にあるので、混同しないように(笑)。で、1日・清掃協力金として、300円。これだけでいいので、皆のマナーでどこまでキレイに存続出来るか!って事ですね。●チェックインやチェックアウトなんてものもなく、勝手に入って、勝手に設営していると、どこからともなくおじさんが現れて「300円の徴収」がある。というスタイルです。1泊すると、翌朝、またおじさんがやってきて、徴収があります(笑)。前に、友人が遅くまで寝ていたら、たたき起こされて、300円払ってました(爆)。●だから、特に正式な住所もなく、「どこ」という紹介がなかなかできない・・・はははは。367号線・安曇川沿いにあるので、しっかり見落とさないように・・・としか、言えない。入り口には「山水」という蕎麦屋さんがあり、道沿い間のバス停は、「桑ノ橋」です。ちなみに、山水さんの住所は、滋賀県高島郡朽木村大字大野420-1 です。
●区画はなく、混雑時には、白線が引かれますが、それは、車の通る道を確保する為、という感じです。ピーク時に、行った事がないのでなんとも言えませんが、川遊びの時期には、相当混雑すると思いますよ。サイトは、石・砂利・・・そして、堅い。そう、河原なのですから・・・。●洗い場という形のものはなく、水くみ場というところが存在するだけです。(でも、水道水と井戸水の2種類ありました)●トイレは、 R367沿いに水洗トイレがあります。ちょっと歩きます(笑)。朝はトイレットペーパーがついてますが、ない時もあるので、持参した方がいいです。キレイですよ。洋式・和式両方あります。
●お風呂は、車で、8分の所に
朽木温泉の「てんくう」があります。ここはプールからレストランまでばっちりです。